投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

kvm にハイパーコールを追加する

Stack Overflow のこの投稿 https://stackoverflow.com/questions/33590843/implementing-a-custom-hypercall-in-kvm のほぼそのままです。 いつもググるか grep でコードの場所を探してしまうので備忘録。 diff --git a/include/uapi/linux/kvm_para.h b/include/uapi/linux/kvm_para.h index dcf629dd2889..e0f8b786a62a 100644 --- a/include/uapi/linux/kvm_para.h +++ b/include/uapi/linux/kvm_para.h @@ -26,6 +26,7 @@ #define KVM_HC_MIPS_EXIT_VM 7 #define KVM_HC_MIPS_CONSOLE_OUTPUT 8 #define KVM_HC_CLOCK_PAIRING 9 +#define KVM_HC_TEST 100 /* * hypercalls use architecture specific diff --git a/arch/x86/kvm/x86.c b/arch/x86/kvm/x86.c index b7618b30b7d6..5c82ac8f4b38 100644 --- a/arch/x86/kvm/x86.c +++ b/arch/x86/kvm/x86.c @@ -6714,6 +6714,9 @@ int kvm_emulate_hypercall(struct kvm_vcpu *vcpu) ret = kvm_pv_clock_pairing(vcpu, a0, a1); break; #endif + case KVM_HC_TEST: + some_process(); + break; default: ret = -KVM_ENOSYS; break; このように,ハイパーコールの番号を追加し,アーキテクチャ固有のコードにハイパーコールの番号で switch している箇所があるのでそこ…

CPU の定格クロックを取得する(IA-32,Intel 64 限定)

Intel CPU の場合 cpuid 命令で取得できる諸情報のうち processor brand string という CPU のブランド名を取得する命令を使うことによって,このブランド名文字列の末尾にある文字列を見れば良い。

実のところ /proc/cpuinfo の model name の行を見るのと同じだが,Linux 以外でも使えるなど色々あって /proc を舐めたくないときがあります(本当?) #include <cstdint> #include <cstdio> #include <string> #include <iostream> #include <algorithm> // CPU 周波数を processor brand string に記述されている周波数から取得する int main(int argc, char* argv[]) { struct reg{ uint32_t eax,ebx,ecx,edx; } r; std::string processor_brand_string = {}; // brand string を取得して processor_brand_string へ格納 __asm__ volatile("cpuid" : "=a"(r.eax), "=b"(r.ebx), "=c"(r.ecx), "=d"(r.edx) : "a"(0x80000002), "c"(0x0)); processor_brand_string.append(reinterpret_cast(&r), 16); __asm__ volatile("cpuid" : "=a"(r.eax), "=b"(r.ebx), "=c"(r.ecx), "=d"(r.edx) …

journalctl の使い方 Tips

そろそろ多くの環境が systemd になったかと思います。
systemd 環境では syslog や logrotate が systemd-journald で管理されるようになっており,journalctl を使うと便利にログを眺められます。

私は systemd 環境を主に使い出して 6 年ぐらいになるのですが途中にオプション増えたりコマンド増えたり色々ありました。そんなわけで,journalctl コマンドを使うときの便利なオプションとかのメモ,いってみよー

ブート ID の一覧と特定の起動時のログの表示$ journalctl --list-boot -5 f5b4ff9349204d31b7c89cae00a765e5 Fri 2018-06-01 12:32:20 JST—Fri 2018-06-01 12:33:43 JST -4 1baea4095c424e6b8f50f3eff1af2161 Fri 2018-06-01 12:34:21 JST—Fri 2018-06-01 12:35:17 JST -3 dfb54ab05bd14c05ae83f4a767492293 Fri 2018-06-01 12:38:43 JST—Fri 2018-06-01 12:40:28 JST -2 336d9d0421ce44d59aadcaf2de634e92 Fri 2018-06-01 12:50:57 JST—Tue 2018-06-05 10:15:33 JST -1 676a0fbbf09948bcbb18e5f61d27f51b Tue 2018-06-05 11:28:20 JST—Tue 2018-06-05 13:55:23 JST 0 92feec044ea94d88a6f95548df223f80 Wed 2018-06-06 00:51:40 JST—Wed 2018-06-06 00:57:37 JST これまで logging した boot ID の一覧を出してくれます。これで,「あ,一昨日起動したときのログが見たいなー。一昨日起動したのは二回前の起動のときかー」ってなったら,
$ journalctl -b -2 とすればいいわけです。ちなみに,単に今起動している分のログだけ見たい場合…