投稿

“Error 43” in GPU passthrough w/ QEMU/kvm (NVIDIA)

表題のとおり。Twitter でうめいていたら色々 advice をもらいかけたのですが色々試した上でのアレなので現状をまとめようと思ったpreliminaryホスト環境は Intel P55 chipset と Core i7 860(Lynnfield,Nehalem な世代のアーキテクチャ)という今やかなり古くなってしまった環境もともとメインの Windows 環境にしていたがいまは Desktop 用途には止めて server 用途送り。Gentoo/Linux が入ってる。MSI GTX 1060 6G OC(ショートなやつ)を入手したQEMU/kvm で passthrough させれば UEFI 環境の上で Windows を boot させて遊べると思ったlibvirt 4.5.0-r1,QEMU 2.12.1,Linux 4.14.83-gentoo経緯まず Linux の kernel cmdline を次のようにした /vmlinuz-4.14.83-gentoo root=/dev/sda5 ro rootflags=subvol=root rootfstype=btrfs quiet console=null intel_iommu=on iommu=pt cgroup_enable=memory swapaccount=1 vfio-pci.ids=10de:1c03,10de:10f1,8086:3b56,8086:3b34 vfio_iommu_type1.allow_unsafe_interrupts=1 threadirqs default_hugepagesz=1G hugepagesz=1G hugepages=4 video=nvidiafb:off,vesa:offvfi-pci.ids で指定しているのは GPU,GPU audio,on-board audio,on-board USB hubである。iommu も有効化した。 また,kernel config で nvidiafb や vesafb,efifb は無効化してしまっているため framebuffer は誰も掴んでいない。 そもそもホストマシンが古いせいで BIOS としてしか起動できてないですが……。次に,GPU の vbios を用意する。本来は対象…

(続)kvm にハイパーコールを追加する

この記事の続き前回の記事では kvm にハイパーコールのハンドラを記述していたが,様々な事情でホストのユーザーランドでハンドリングしたいかもしれない。 今回はそのような場合の対処を書く。カーネルへの変更ベースのコードは Linux 4.18 ですまずはおさらい。このように vmcall の番号とハンドラを追加する。diff --git a/include/uapi/linux/kvm_para.h b/include/uapi/linux/kvm_para.h index dcf629dd2889..e0f8b786a62a 100644 --- a/include/uapi/linux/kvm_para.h +++ b/include/uapi/linux/kvm_para.h @@ -26,6 +26,7 @@ #define KVM_HC_MIPS_EXIT_VM 7 #define KVM_HC_MIPS_CONSOLE_OUTPUT 8 #define KVM_HC_CLOCK_PAIRING 9 +#define KVM_HC_TEST 100 /* * hypercalls use architecture specific diff --git a/arch/x86/kvm/x86.c b/arch/x86/kvm/x86.c index 2b812b3c5088..5158880899f0 100644 --- a/arch/x86/kvm/x86.c +++ b/arch/x86/kvm/x86.c @@ -6740,6 +6740,10 @@ int kvm_emulate_hypercall(struct kvm_vcpu *vcpu) ret = kvm_pv_clock_pairing(vcpu, a0, a1); break; #endif + case KVM_HC_TEST: + ret = 0; + some_process(); + vcpu->run->exit_reason = K…

Rust で UEFI を使う最近の方法

uefi-rs を使うとかなりサクっと使えて良い。cargo build をするだけで UEFI Application が吐ける。 まず,cargo-xbuild をインストール。 $ cargo install xbuild これは私が以前から使っていた xargo の fork のようだ。 以下のようにそれぞれ準備する。

x86_64-uefi.json { "llvm-target": "x86_64-pc-windows-msvc", "target-endian": "little", "target-pointer-width": "64", "target-c-int-width": "32", "os": "uefi", "arch": "x86_64", "data-layout": "e-m:e-i64:64-f80:128-n8:16:32:64-S128", "linker": "rust-lld", "linker-flavor": "lld-link", "pre-link-args": { "lld-link": [ "/Subsystem:EFI_Application", "/Entry:efi_main" ] }, "panic-strategy": "abort", "default-hidden-visibility": true, "executables": true, "position-independent-executables": true, "exe-suffix…

virt-install で kickstart を使う

Red Hat のサイトの日本語資料は嘘があってダメだった

具体的には, virt-install で ks.cfg を --initrd-inject オプションで渡し,--extra-args "inst.ks=file:/ks.cfg" とするなどと書かれているが,実際にこれを使うと No such file or directory などと言われる。 次のように ks.cfg のディレクトリで http server を起動し, $ python -m http.server 8000 そのあと次のようにインストールする(設定はお好みで) virt-install --connect=qemu:///system --name Fedora27 --hvm --virt-type kvm --ram 4096 --vcpus 4 --arch x86_64 --os-type linux --os-variant fedora27 --disk pool=default,size=5,format=qcow2,bus=virtio --network bridge=br0,model=virtio --graphics none --serial pty --console pty --location /iso/Fedora-Server-dvd-x86_64-27-1.6.iso --extra-args "inst.ks=http://:8000/ks.cfg console=tty0 console=ttyS0,115200n8" Red Hat の日本語サイトのドキュメントはちょくちょく古い情報があって更新されていないので,よくひっかかってしまう。

kvm にハイパーコールを追加する

Stack Overflow のこの投稿 https://stackoverflow.com/questions/33590843/implementing-a-custom-hypercall-in-kvm のほぼそのままです。 いつもググるか grep でコードの場所を探してしまうので備忘録。 diff --git a/include/uapi/linux/kvm_para.h b/include/uapi/linux/kvm_para.h index dcf629dd2889..e0f8b786a62a 100644 --- a/include/uapi/linux/kvm_para.h +++ b/include/uapi/linux/kvm_para.h @@ -26,6 +26,7 @@ #define KVM_HC_MIPS_EXIT_VM 7 #define KVM_HC_MIPS_CONSOLE_OUTPUT 8 #define KVM_HC_CLOCK_PAIRING 9 +#define KVM_HC_TEST 100 /* * hypercalls use architecture specific diff --git a/arch/x86/kvm/x86.c b/arch/x86/kvm/x86.c index b7618b30b7d6..5c82ac8f4b38 100644 --- a/arch/x86/kvm/x86.c +++ b/arch/x86/kvm/x86.c @@ -6714,6 +6714,9 @@ int kvm_emulate_hypercall(struct kvm_vcpu *vcpu) ret = kvm_pv_clock_pairing(vcpu, a0, a1); break; #endif + case KVM_HC_TEST: + some_process(); + break; default: ret = -KVM_ENOSYS; break; このように,ハイパーコールの番号を追加し,アーキテクチャ固有のコードにハイパーコールの番号で switch している箇所があるのでそこ…

CPU の定格クロックを取得する(IA-32,Intel 64 限定)

Intel CPU の場合 cpuid 命令で取得できる諸情報のうち processor brand string という CPU のブランド名を取得する命令を使うことによって,このブランド名文字列の末尾にある文字列を見れば良い。

実のところ /proc/cpuinfo の model name の行を見るのと同じだが,Linux 以外でも使えるなど色々あって /proc を舐めたくないときがあります(本当?) #include <cstdint> #include <cstdio> #include <string> #include <iostream> #include <algorithm> // CPU 周波数を processor brand string に記述されている周波数から取得する int main(int argc, char* argv[]) { struct reg{ uint32_t eax,ebx,ecx,edx; } r; std::string processor_brand_string = {}; // brand string を取得して processor_brand_string へ格納 __asm__ volatile("cpuid" : "=a"(r.eax), "=b"(r.ebx), "=c"(r.ecx), "=d"(r.edx) : "a"(0x80000002), "c"(0x0)); processor_brand_string.append(reinterpret_cast(&r), 16); __asm__ volatile("cpuid" : "=a"(r.eax), "=b"(r.ebx), "=c"(r.ecx), "=d"(r.edx) …

journalctl の使い方 Tips

そろそろ多くの環境が systemd になったかと思います。
systemd 環境では syslog や logrotate が systemd-journald で管理されるようになっており,journalctl を使うと便利にログを眺められます。

私は systemd 環境を主に使い出して 6 年ぐらいになるのですが途中にオプション増えたりコマンド増えたり色々ありました。そんなわけで,journalctl コマンドを使うときの便利なオプションとかのメモ,いってみよー

ブート ID の一覧と特定の起動時のログの表示$ journalctl --list-boot -5 f5b4ff9349204d31b7c89cae00a765e5 Fri 2018-06-01 12:32:20 JST—Fri 2018-06-01 12:33:43 JST -4 1baea4095c424e6b8f50f3eff1af2161 Fri 2018-06-01 12:34:21 JST—Fri 2018-06-01 12:35:17 JST -3 dfb54ab05bd14c05ae83f4a767492293 Fri 2018-06-01 12:38:43 JST—Fri 2018-06-01 12:40:28 JST -2 336d9d0421ce44d59aadcaf2de634e92 Fri 2018-06-01 12:50:57 JST—Tue 2018-06-05 10:15:33 JST -1 676a0fbbf09948bcbb18e5f61d27f51b Tue 2018-06-05 11:28:20 JST—Tue 2018-06-05 13:55:23 JST 0 92feec044ea94d88a6f95548df223f80 Wed 2018-06-06 00:51:40 JST—Wed 2018-06-06 00:57:37 JST これまで logging した boot ID の一覧を出してくれます。これで,「あ,一昨日起動したときのログが見たいなー。一昨日起動したのは二回前の起動のときかー」ってなったら,
$ journalctl -b -2 とすればいいわけです。ちなみに,単に今起動している分のログだけ見たい場合…