2014年11月27日木曜日

オーディオアンプを作ってみました。

初アンプ自作。

ぺるけさんのFET作動式ヘッドフォンアンプを作成。


ぺるけさんの作例をそのまま使わせてもらってます。
ただ、シャーシの穴開けをボール盤使える環境にある友人に依頼した時、依頼ミスで左右が反転したのでラグの位置等もそのようになってます。おかげで音量ツマミが左側になりましたが些細な事でしょう。
結局他にいくつか穴を開ける必要出てきて結局電動ドリル買いました。
ぺるけさんはオーディオクラスでないパーツを使っておられましたが、私はなんとなーくコンデンサを東信工業のUTSJにしてみました。初アンプ自作ですしオーディオに対して無知なのでこのコンデンサにしてどうとかあんまりわからんのですが。

一発で音が出て感動してますし、個人的には結構良いように思えます。
あとはボリューム抵抗のシャフトを切る道具もってなくてツマミをつけず裸のままにしてるのをなんとかしたいです

電気式華憐音楽集団2nd Live "Gig Detonator"

表題通りのライヴに参加してきました。




グッズ類

BLACK BOX、white box、Red Box

ライヴ、あまり行ったことなかったのですがなかなか楽しめました。
良いものですね。

ガジェットってどんどん増えますよね

最近買ったガジェットとかマシンとか。

まずPC-98

ええ、最近、最近買ったマシンです。
キーボードはPTOSキーボードなのでALPS電機の黄軸メカニカル!

PPC Mac (G5)

画像中央、スカイセンサー5800の台になっちゃてるやつです。
ええ、これも最近入手しました。はい。


3D対応シアターで使われてる3Dメガネ。ジャンク屋で入手
秋葉原の三月兎ですぐ売り切れたと話題の、PC-98やx68k向けCF2SxSI変換機、日本橋仕様。
生産中止した古い型のUSB TrackPointキーボード(US配列)


それと最近お気にいりのガラクタ屋でコントローラ付で1000円だったスーパーファミコン


という感じでなんか自宅のほうがジャンク屋になりかけている……むしろジャンク屋が自宅説

ちくわパフェだよ☆CKP!

事の発端。
特に意味も切っ掛けもない。ふと、思い付いた。
その後30分に渡りちくわちくわずっとtweetする。









抜粋。何のことだかさっぱりだと思う。なんだろうこれ。よくわからないテンションだった。
この調子でずっと居たので、この後出掛けて、帰りがけに色々買ってきてしまった。

これ、グラスも一緒にかってきてる。
自前ホイップ。
自前チョコソース。
無駄に凝った。


なぜだか完成してしまった。ちくパです。
みんなもやってみてね☆

BtrFSが死んだ。

10/27、突如ラップトップの/homeがRead-Onlyに。
Linux3.17.1をつかっており、FSはすべてbtrfs。
/homeだけは一時間に一度スナップショットを取っていた。



アッ……
スナップショットとるとトランザクションが壊れるバグが3.17.0と3.17.1に発生してたらしい。
3.16.xから3.17.xにupdateして、24時間も経たぬ出来事であった。



なるほどね?

btrfsckで事無きを得たと思ったけど、backrefが死んでいた。
この状態でも普通にログインしてデータをR/Wして、と出来ていたのだが、
backrefについてのエラーがずっとdmesgに流れるのは精神衛生上よろしくない。



だそうです。

btrfsck --init-csum-treeを断行。

結果。
悪化しました♡

そこで、btrfs restoreコマンドを実行。

btrfs restoreで、どのディスクをどのディレクトリにrestoreするか指定して、ひたすらrestore。

input/output errorが出たりして完全に読み書きできなくなったファイルも欠けなく全部サルベージできました。やっぱりBtrFSってすごい。

んで、結論として、FSの復活は無理だったので、mkfs.btrfsでフォーマットしました(懲りずにbtrfsをつかう)
restoreしたファイル郡をそのまま再び書きなおして、UUIDが変わったのでfstabを書き直して、終わり。

無事復旧しました、めでたしめでたし……

ニキシー管工作

夏のコミックマーケット(C86)でニキシー管時計のハウツーと部品を頒布しておられる
方(@euc_さん)がいたので、おもわずゲット。
8月の終わりに工作してみました。
開始風景

http://nixie-tube.com で販売されてる昇圧回路をつかいます。
表面実装だけなのでラクちん。

点灯確認。これだけでめっちゃテンション上がりました。
ニキシー管は足が13本もあるのでブレッドボードに載せるだけで苦労……

たぶんユニバーサル基板にニキシー管を8本載せるってあたりが一番苦労しました。
今度やる時は基板をEagleかなんかで実装してからやって配線はプリントでしたほうが良いと思う。

奥から、昇圧回路、フォトカプラでスイッチングするやつ、ニキシー管、Arduino uno、Arduinoのシールド。これらを接続
デン。

はい、ということでちゃんとダイバージェンスメーターみたいになりました!

いまこれ時計として使ってます。
ニキシー管は浪漫。

タモリカレー

夏のある日、思い立って作りました。
http://www.1101.com/curry_club/pdf/recipe.pdf
のレシピをそのまま参考に。


これが材料。

以下調理風景ダイジェスト

そして完成
手込んだことしただけあって、達成感。