Linux kernel のコードをパッチレベルを指定して入手

URL を覚えていて手癖で簡単に入力できるという理由で Linux kernel を手元に持ってくるときにはよく

git clone https://github.com/torvalds/linux.git
をしてしまうのだが,ここで git checkout をマイナーバージョンまでではなくパッチバージョンまでのレベルで指定しようとすると,そのようなタグはないと言われる。
error: pathspec 'v4.1.8' did not match any file(s) known to git

これは GitHub にあるミラーレポジトリはリリース候補のタグしか置いてないためで,kernel.org にある linux-stable の Git レポジトリを利用しないとパッチバージョンのタグが打たれていない。

git clone git://git.kernel.org/pub/scm/linux/kernel/git/stable/linu.git
このレポジトリを利用すれば,パッチバージョンでの変化や歴史を Git で追いたいときに便利だ。
$ git checkout v4.1.8
HEAD is now at 36311a9ec490 Linux 4.1.8

もっとも,Git の機能を利用せずコードを読むだけなら tarball をダウンロードするほうが手っ取り早い。

curl -LO https://cdn.kernel.org/pub/linux/kernel/v4.x/linux-4.1.8.tar.xz

このブログの人気の投稿

GRUBとEFIの組み合わせで使うときのメモ またはEFI全般のtips

prnというフォルダが作れない理由がビル・ゲイツのあだ名というのはガセである件

BIOS+MBRなWindows7/8を、データコピーやデータ移動まったくなしで UEFI+GPTな環境に移行する