virt-install で kickstart を使う

Red Hat のサイトの日本語資料は嘘があってダメだった

具体的には, virt-install で ks.cfg を --initrd-inject オプションで渡し,--extra-args "inst.ks=file:/ks.cfg" とするなどと書かれているが,実際にこれを使うと No such file or directory などと言われる。 次のように ks.cfg のディレクトリで http server を起動し,

$ python -m http.server 8000
そのあと次のようにインストールする(設定はお好みで)

virt-install --connect=qemu:///system --name Fedora27 --hvm --virt-type kvm --ram 4096 --vcpus 4 --arch x86_64 --os-type linux --os-variant fedora27 --disk pool=default,size=5,format=qcow2,bus=virtio --network bridge=br0,model=virtio --graphics none --serial pty --console pty --location /iso/Fedora-Server-dvd-x86_64-27-1.6.iso --extra-args "inst.ks=http://:8000/ks.cfg console=tty0 console=ttyS0,115200n8"
Red Hat の日本語サイトのドキュメントはちょくちょく古い情報があって更新されていないので,よくひっかかってしまう。

このブログの人気の投稿

GRUBとEFIの組み合わせで使うときのメモ またはEFI全般のtips

prnというフォルダが作れない理由がビル・ゲイツのあだ名というのはガセである件

BIOS+MBRなWindows7/8を、データコピーやデータ移動まったくなしで UEFI+GPTな環境に移行する