Google Container Engineでハマったところ

Google Container Engine (GKE)はKubernetesのクラスタを作り,Dockerコンテナを大量に上げるまで自動でやってくれたりするサービス.
VMコンテナ自体はGCEと同様に管理できます.

で,クラスタなんかもGoogle Cloud SDKのgcloudコマンドで色々と手元からCLIでできるのですが,ハマりました.

ハマりポイント

gcloud preview container kubectl create -f sample.json --cluster="<CLUSTER NAME>"
これでsample.jsonにswagger形式で記述したクラスタが上がる……はずなのですが
なぜか手元ではタイムアウト.次のようなメッセージが飛びます
ERROR: F0326 10:43:53.728513    5117 get.go:166] Get https://130.211.179.83/api/v1beta1/pods?namespace=default: dial tcp 130.211.179.83:443: i/o timeout
kubectl get podsなど,他のkubectlのコマンドも同様にタイムアウトしてハマってました.

これは,一度作ったクラスタを削除して,また同じ名前でクラスタを作成した後の操作でした.
実はこれがハマったところのポイントで,
$HOME/.config/gcloud/kubernetes/<PROJECT>.<ZONE>.<CLUSTER NAME>/
に配置されている,cluster.jsonに,
{
    "endpoint": "130.211.179.83"
}
のような形式でgcloudコマンドを通してそのプロジェクトへkubectlをする時のエンドポイントのIPアドレスがキャッシュされてました.
なので,以前同じ名前でクラスタを作って,gcloudコマンドを使った事がある場合,その前の時のIPアドレスをつかってkubectlを発行するため,タイムアウトしてしまうというオチでした.

このcluster.jsonを削除してしまえば解決します.

このブログの人気の投稿

GRUBとEFIの組み合わせで使うときのメモ またはEFI全般のtips

prnというフォルダが作れない理由がビル・ゲイツのあだ名というのはガセである件

BIOS+MBRなWindows7/8を、データコピーやデータ移動まったくなしで UEFI+GPTな環境に移行する