w3mのビルドの注意点

Cygwinではw3mのバイナリパッケージが用意されてるのでsetup.exeを実行するかapt-cygだけでかんたんにインストールできます。

しかし、msysで使おうとするとソースからビルドする必要があります。
ここが注意点で、w3mのビルドにはGC Libraryが必要です。
これに気が付かずに./configureをするとgc.hが見つからないと怒られますので、
ここからGC Libraryのtarballをwgetなどでダウンロードして展開し、インストールしましょう

あとはw3mを./configure && make && make installすれば大丈夫です
大丈夫じゃないです。
詳しくはこちらに書きました→ 続:w3mのビルドの注意点

このブログの人気の投稿

GRUBとEFIの組み合わせで使うときのメモ またはEFI全般のtips

prnというフォルダが作れない理由がビル・ゲイツのあだ名というのはガセである件

BIOS+MBRなWindows7/8を、データコピーやデータ移動まったくなしで UEFI+GPTな環境に移行する