閑話休題

唐突なメモ

二・三年前に一部でPSP上で自作プログラムを動作させることが流行ってました
その自作プログラム用の開発環境のビルドについてのメモ

まあHelloWorld動いたヤッターぐらいですがwww

WindowsならcygwinかMinGW、Linux/MacOSXならそのままで構築できるみたいです
cygwinはperlのバージョンとかの関係上上手くコンパイルできなかったからUbuntuでやってみたり


1. Terminalを開く
2.パスの設定
以下をホームフォルダの./bashrcに書きこむ
export PSPDEV="/usr/local/pspdev"
export PSPSDK="$PSPDEV/psp/sdk"
export PATH="$PATH:$PSPDEV/bin:$PSPSDK/bin"
$source ./.bashrcを実行
3.必要ファイルのダウンロード
$svn checkout http://psp.jim.sh/svn/psp/trunk
$cd psptoolchain
psptoolchain/toolchain.shとpsptoolchain/script/の中のファイルのsvn://~は全てhttp://psp.jim.sh/svn/psp/trunkに書き換えましょう
4.ビルド
$sudo ./toolchain-sudo.sh

あとは放置すれば完成。
/usr/local/pspdev/psp/sdk/sampleにいくつかサンプルコードがあるのでmakeしてみてください。

出力されたEBOOT.PBPはhttp://www.jpcsp.org/のサイトのエミュレータで実行してみればいいと思います。

以上メモでした

このブログの人気の投稿

GRUBとEFIの組み合わせで使うときのメモ またはEFI全般のtips

prnというフォルダが作れない理由がビル・ゲイツのあだ名というのはガセである件

BIOS+MBRなWindows7/8を、データコピーやデータ移動まったくなしで UEFI+GPTな環境に移行する