2012年8月6日月曜日

FreeBSDインストールメモ3 vmware-tools&FreeBSD9xとか

psearchとportsnapとportupgrade (どちらも/usr/ports/port-mgmt/)がすごい便利

psearchでパッケージ名で検索、
portupgrade -Npv -B 'make rmconfig' category/packagenameでインストール
アンインストールはよくわかってないから直接portのディレクトリに行ってmake deinstallでやってる
調べたほうがいいかも

VMwareでFreeBSD9.0を使うときはmisc/compatを入れるのと、
xorg入れたら Xorg -configure xorg.confで初期設定した後にxorg.confのmouseを/dev/sysmouseから
/dev/psm0にする
それとキーボードのセクションもいくつか変更しCtrl + Alt + BSでXを落とせるように

vmware-toolsは
mkdir -p /cdromでフォルダをルートに作成し
mount -t cd9660 /dev/cd0 /cdromでマウント

単純にインストールスクリプト(perl)を起動しただけだとエラーが起こるので
/usr/local/etc/rc.d/vmware-tools.shを編集

if [ "$vmdb_answer_VMHGFS_CONFED" = 'yes' ]; then
if [ "$vmdb_answer_VMMEMCTL_CONFED" = 'yes' ]; then
if [ "$?" -eq 0 -a "$vmdb_answer_VMXNET_CONFED" = 'yes' ]; then
if [ "$vmdb_answer_VMBLOCK_CONFED" = 'yes' ]; then
の4つの行のyesをxyesに置き換えてsave&exit
(これらの行は連続してないので注意)
/etc/vmware-tools/not_configuredを削除した後に vmware-tools.sh restartで起動してやれば良い
How to install vmware tools in FreeBSD 9
詳しくはこちら参照で