2012年5月4日金曜日

CygwinでPythonのスクリプトを起動するとunable to remapといわれる

CygwinとはWindows上でLinuxのコマンド・ターミナルをエミュレートするソフトウェアです。
GCCやVimもインストールできるので、CygwinがあればUNIX/Linuxのソフトウェアもコンパイル、実行することが可能です。

最近はレジストリを使わないようになったので持ち運びにも便利に。

しかし、所詮はエミュレータだけあって不具合も多いです。

VimでデバッグするためにPyclewnをインストール を試みたのですが、
setup.pyというpythonスクリプトを実行した時に、dll関連でエラーがでました。

unable to remap *.dllといわれたのです。


ここによると、rebaseallというスクリプトを実行すればいいようです。
が、エラーがでます。
なので、一度Cygwinを終了してすべてのCygwin関連のdllのプロセスを殺してください
そしてコマンドプロンプトでCygwinのbinフォルダに移動してから
>ash rebaseall -v
と実行すればdllをロードしなおすので、見事エラーがでなくなります!
ash(またはdash)を使うのもポイント


ちなみにPyclewnはvimとの接続エラーがでて実行できませんでした。
ついでにPyclewnにかまけてたら課題の提出遅れました
Vimは+netbeans_intgが有効になっていたので、Cygwinと相性がわるかったのでしょうか
なのでCygwinからmsysに環境を変えてみる予定