2012年5月6日日曜日

映画テルマエ・ロマエ


昨日、映画版テルマエ・ロマエを見てきました。
ということで感想を



最近は漫画→アニメ→実写という流れが多いですね。
未来日記しかり、宇宙兄弟しかり。

漫画やアニメの実写化というのはあまり成功してない気がしてあまり期待はしてませんでした

しかし、見始めるともうにやにやしっぱなしでした
一応コミックスをざっと見たことがあったのでネタは知ってるのですが、映画ならではの演出もあり劇場内もあちこちからクスクス笑いが聞こえてきました。

原作のエピソードもちゃんと回収してて驚きました。
一般家庭、モデルルーム、湯治場などでルシウスと出会う人を一人固定化して、
それをヒロインにもってくる脚本も一話完結的な原作(一応ストーリーもあるけど)を映画というフォーマットに収めるやり方としては良かったと思います。

ただ、東野圭吾のガリレオがドラマになったときもですけど原作で男ばっかだったのに一人女性をパートナー的な場所に突っ込んで良い感じにしてストーリーを締める、というやり方は安直すぎる気もしますが。


上戸彩演じるヒロインが逆に古代ローマにタイムスリップするというのも驚きましたが、そこから現代に帰る理由もちゃんと作ってあってしかもその理由も筋が通っててうまいもっていきかたでした。
あと上戸彩がかわいいです。

原作を知らなくても楽しめるようになっていて期待以上だったので満足です。
そういえば少年漫画ならともかく青年漫画だったので実写化してもみてて入り込めたかもしれませんね。



個人的には、竹内力演じるやくざの演技がシュールなコミカルさがあって一番好きでした。